2018年5月アーカイブ

「例えば美しい新緑を撮る時は、その美しい新緑の向うにある樹の意識を写真に収めようとする...宇宙につながろうとする時に写真を撮っていた。形あるものの後ろにある目に見えないエネルギーや意識を感じるために、目に見える写真という方法を選んだ...」という北川流の写真の撮り方、撮る姿勢をお伝えしていきます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


「私は、これまで妻と子どもたちや両親、姉、友人知人を大切に思い、毎日彼らと自分たちの幸せを祈ってきました。しかし、最近は、本来は世の中のすべての方のために祈り、自分の生を世の中のために活かしていくべきと思っています。先生の祈りの言葉を引用させていだくと、「みんな、みんな幸あれ」と心に念ずるべきと。ただ、私は家族を心から愛しており、自分のことより何より幸せでいてもらいたいという気持ちがあるため、世界中の人々と、私の周りにいる大切な人たちを平等に並べて祈ることに、抵抗があります。愛する家族と世の中の人々を区別して、幸せを祈ってもよいのでしょうか」というご質問に、北川がわかりやすくお答えしていきます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


1981年航空機墜落事故で突然この世を去った向田邦子さん。テレビドラマ脚本家、小説家として「寺内貫太郎一家」「あ・うん」「父の詫び状」「隣りの女」など数々の名作を残し、今でも時代を超えて愛され続けています。そんな向田邦子さんに「日本人女性の良いところをいっぱい身に付けて育った人。尊敬しています」と伝えたいと北川からのメッセージ。妹の向田和子さんが描いた「向田邦子の青春~写真とエッセイで綴る姉の素顔~」を参考にお話ししています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


この世に貧乏神がいるのか?...北川の答えは「イエス」です。小さい嫌なことがやってくる時...自分自身の格好は「身綺麗か」「むさ苦しいか」どちらでしょう...。貧乏神が近ずいているかもしれません!! 北川の「髭は?」「もみあげは?」...運が落ちた時にしてしまうこと、運を上げるために出来ることを、今すぐ実行できるアクションで伝授していきます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


3月3日に行われた東京学士会館での公開収録。三回目にお届けするのは瞑想体験シリーズ第三弾目。ピンク色の瞑想(第26回放送)、脳を洗う瞑想(第36回放送)に引き続き、今回は「神につながる金色の瞑想」です。北川の導きに沿って16分の瞑想...繰り返し良い言葉のシャワーを浴びていただけたらと思います。


ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp