満月の夜の勉強会、東京第15期生募集のお知らせです。
tokyo_mangetsu15.pdf

待望の北川八郎「人生を変える出会い」の『CDブック』が登場しました!!
ポッドキャスト配信第1回~第10回がCD2枚組になって 販売中です。
さらに書き起こし冊子と写真集もセットになっています。 価格は税込みで2.700円。
生産数に限りがあるためお申し込みはお早めに!!
冊子や写真集、お申し込み先など詳細は下記をチェック!! ↓↓↓↓↓
http://www.naigai-shop.com/SHOP/AZ7302.html

20180511_cdchirashi.pdf

【お知らせ】日立断食会

2019年6月21日 00:00

2019年6月21日~23日に開催される断食会のお知らせです。
20190621日立断食会.pdf

「娘が5人いるのですが『男の子を産まないと嫁の仕事を果たしたとは言えない』と公言する姑との関係に悩んでいます」というママさんからのご相談にお答えします。北川からは、5人の娘は宝、どんなに卑しい考えが周りを取り巻いていても、相手に祝福の光を送り、憎まないことで自分が幸せな気持ちになれるとお伝えします。違う環境にいる方にも参考になるお話です。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp

イベント・講演会情報は北川八郎HPまで
https://manganjigama.jp/BF02.html




第122回「断食の効果」

2019年5月 7日 00:00

花粉症の話から、断食の効果へと話が及び、実際に断食を経験してその後の人生が変わった方のお話やMC早川の体験談などなどゆるくフリートークしています。今後予定されている断食会の詳細や講演会についてもお話しさせていただいておりますので、ぜひお聴きください。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp

イベント・講演会情報は北川八郎HPまで
https://manganjigama.jp/BF02.html




同様の質問をお二人からいただいたことから、「子供をやる気にさせるには?」というテーマでお話していきます。北川自身は親から一度も「勉強しろ」と言われたことはなかったといいます。親として北川が心がけていた「能力より才能をみつけること」とは?北川自身の子育てについてもお話しします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




第120回「ダメな大人」

2019年4月23日 00:00

「最近のアメフト界やボクシング界の大人たちを見ていると、地位や名誉にしがみつくダメな大人には絶望しか感じません。身近にもそういう大人がいるのですが、そういう人たちはもう変わることはないのでしょうか?」というリスナーさんからのご質問にお答えします。「あらゆることにオーバーしないこと」を信条としている北川が今のダメな大人達をどう見ているのかお話していきます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




第119回「夢中になる才能」

2019年4月16日 00:00

「自分はあまり何かに夢中になることがありません。これは体質のようなものなのでしょうか?もし夢中になれるものを見つける方法があるなら知りたいです。」というリスナーさんのお悩みに対し、北川が「夢中になれるものを見つける方法」をお伝えします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




第118回「嘘をつく理由」

2019年4月 9日 00:00

「子供のころは周りにいなかったのですが、社会に出たくらいから「嘘をつく人」に時々出会うようになりました。辻褄の合わない話や絶対嘘だと分かるような話をしてくるのです。そういう人たちはどうして嘘をつくのでしょうか?」というリスナーさんからのご相談にお答えします。人が嘘をつく理由、嘘をつく人にどう接したらいいかお話しします。北川がついた「優しいウソ」のお話もしていますよ。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




第117回「子供との接し方」

2019年4月 2日 00:00

「子供にやさしい言葉で接したいが、カッとするとつい汚い言葉で怒ってしまう」というリスナーさんのご相談にお答えします。「人を傷つけるような生き方をしないと決める」「自分の中にいるヒトラーとキリスト、どちらを育てていくのか自分に問うてみる」「子育ての負の連鎖を止める」等々、心に響くアドバイスをお届けします。怒りを薄くする方法もお伝えします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




初対面の人に会うとき、お互いに警戒してしまうものですが、その警戒を解くために北川はいつも、相手の「少年性」「少女性」を見つけることを心掛けているそうです。
初対面の人と会う時に注意したいこともお話ししています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




「寝る前の過ごし方」という話題から、よく眠るための方法や、眠りの意味、夢の話等々についてお話していきます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




私たちは尽きることのない不安、得体の知れない不安、未来への不安、、と様々な不安に苛まれています。北川自身も不安になることはあると言いますが、今回はその「不安」を取り除く方法をお伝えします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




実は、北川八郎作詞の曲が存在します。ご縁があって知り合った、歌で社会貢献をしている「中村先生」が北川の詩に曲を付けてくれました。『人生は変わる』、『人生は楽しい』です。どうぞお聴きください♪

番組の最後に、3月8日~10日に行われる霧島の断食会についてもご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




今回は、「人生を変えた一冊」というテーマでお話しします。

北川は最も影響を受けた人物として、迷わずエドガー・ケイシーの名前を挙げました。一般に「予言者」というイメージのあるエドガー・ケイシーですが、北川にとっては「前世・今世・来世があること」「生まれてきた意味」「人類がどの方向に向かっているのか」を教えてくれた人物であると言います。そんなケイシーのことが分かる『眠れる予言者エドガー・ケイシー』を人生を変えた一冊として紹介します。

番組の最後に、3月8日~10日に行われる霧島の断食会についてもご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




第111回「体を整える」

2019年2月19日 00:00

歩くことで重度のガンが治ってしまった?勉強するより走った方が成績が上がった??など、体を動かすことの重要性や効果について、いくつかの例を挙げながらお話しします。話はスマホの与える悪影響や食べ物にまで、健康全般に及びます。

満月の夜の勉強会も引き続き募集中です。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




第110回「家を整える」

2019年2月12日 00:00

風通しの良い家が好き、という北川流の家の整え方についてお話します。
家を選ぶ、作る時のポイントから、家を整えるために日常的に北川が行っていることなどをお話ししています。

満月の夜の勉強会も引き続き募集中です。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




北川の著書『あなたを不安から救ってくれるお釈迦様のことば』を読んだというリスナーの方からの「辛いこと、苦しい出来事、一番嫌いな人こそ学びのチャンス、とありますが、チャンスとはどういうことでしょうか?露骨に嫌なことをされたらどうすればよいのでしょうか?」というご質問にお答えし、苦手なことに立ち向かい、チャンスに変える方法をお伝えします。

満月の夜の勉強会も引き続き募集中です。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




読書好き、映画鑑賞好きの北川の最近のおすすめをご紹介します。

番組内で取り上げている作品:
 『逆説の日本史』井沢元彦
 『ヒップな生活革命』佐久間裕美子
 映画「ボヘミアンラプソディー」

番組の最後に、3月8日~10日に霧島で行われる断食会についてご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




「ケチ」というのは、いつも足りないという不安があり、人にはおごらない、少なく返す、笑顔も好意も与えようとしない、という貧困意識から来ています。一方「節約」は、自分の欲のための出費を抑えることを言います。貧困意識から脱出し、富裕意識を持つことで良き出会いに恵まれます。

番組の最後に、2月3日に大阪で行われる楽心会についてもご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




悪しき習慣や弱さは神が与えたプレゼントです。それを直すことが人生の宿題と捉え、悪しき習慣を手放し、良き習慣を身に付けていきましょう。北川自身の話も例に挙げてお伝えしていきます。

番組の最後に、2月3日に大阪で行われる楽心会についてもご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




新年に目標や夢を思い描く方も多いと思います。私たちはつい「形あるもの」を求めてしまいがちですが、一番大切なものは「良き対人関係」であることに気付いてほしい、と北川は言います。良き対人関係に生きると、目標や夢は向こうからやってきます。目標や夢を決める前に考えてほしい大切なことについてお話します。

番組の最後に、2月3日に大阪で行われる楽心会についてもご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




あけましておめでとうございます。

北川にとって、神社は「神のプレゼントを受け取りに行くところ」だといいます。お願いごとをするのではなく、良き未来を受け取りに行くところ、感謝のお礼参りに行くところなのです。お賽銭についての考え方など、新年に知りたい神社の参り方をお伝えします。

番組の最後に満月の夜の勉強会についてもご案内しています。

本年も「人生を変える出会い」をどうぞよろしくお願いいたします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




第103回「才能とは」

2018年12月25日 00:00

年内最後の配信となりました。

先週のAIの話の流れから、今週は才能について考えていきます。才能とは一体何なのか?北川の場合は、対人関係の中で偶然に「伝える」という才能が目覚めました。才能とは他者によって発掘されるものであり、向き不向きは乗り越えられる、人が好きということ、美しいと感じる心が大切と言います。
最後に、来年は「動機の純粋性」をテーマにしていきたいという北川から、新年を迎えるにあたってのメッセージをお伝えします。

みなさま、良いお年をお迎えください。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


第102回「AIについて」

2018年12月18日 00:00

AIをテーマにお話しします。全てのものは功罪半分ずつであるというのが北川の考えです。例えば、放射能や新幹線などは、便利な反面、それによって失われるものがあります。AIも同じです。また、AIによる雇用不安が叫ばれていますが、一つの仕事がなくなるとそれに代わる仕事が時代に合わせて出てくるものなので、心配する必要はないというのが北川の考えです。心配するより、良き対人関係の中で自分の才能を見つける、そんな生き方をお勧めしています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


今週は皆様から寄せられたご質問・ご相談にまとめてお答えします。
①宇宙に存在する神様の存在は理解したのですが、日本に伝わる神様(神社の神様)は実際に存在するのでしょうか?②陰徳善事という言葉がある一方で、最近は良いことをやっていることをアピール(SNSなどで発信)した方が良いという風潮もありますが、先生のお考えは?③妻からの厳しい言葉に、心が折れそうに傷ついています。今後どのように振舞えば、自分はどのようになっていけばいいのでしょうか?・・・などの質問にお答えしていきます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


「人生を変える出会い」が第100回を迎えました。ひとえにリスナーの皆様のおかげです。いつも聴いていただきありがとうございます。

第100回を迎え、北川が「今伝えたいこと」をテーマにお話しします。北川が一番に感じているのは「時代が変わってきている」ということ。時間と場所を超えるPodcastの出現しかり、先端企業の経営者の意識の変化しかり。競争し、規模を大きくしていくことを幸せとする社会から、個々人がそれぞれの得意なことで輝ける時代が来ています。これからの時代を生きるヒントが詰まっています。

番組の最後に、満月の夜の勉強会についてもご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




早川の「好きな人や憧れの人はいるんですか?」という素朴な疑問から、北川の好きな人物についておしゃべりします。好きな俳優さんの話から北川の映画の見方や映画観まで話は広がります。楽しんでお聴きください。

番組の最後に、福岡(11/30~)、東京(12/6~)にて開催される満月の夜の勉強会についてもご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




北川の新著「準備された世界」の中に「お母さんのおにぎりが誰にとっても美味しいように、見えないけれどあるものの力というのは日常の中にたくさん潜んでいる気がします。」という一節があります。若い時には気づかないけれど、30代頃から気づきたい「目に見えないけれどあるもの」についてお話します。

番組の最後に、福岡(11/30~)、東京(12/6~)にて開催される満月の夜の勉強会についてもご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp




第97回「小国の暮らし」

2018年11月13日 00:00

引き続き、カフェ「いちご一枝」よりお送りします。

北川が27年間住んでいた、今は廃屋のようになっている古屋があります。玄関もお風呂もないその家で北川はどのように暮らしてきたのでしょうか。これまでの暮らしぶりや現在の住まい、働き過ぎの現代人への思いなど、フリートークでお届けしています。

番組の最後に、11月15日~21日の陶器展、11月24日の名古屋での楽心会についてご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


今週から2週にわたり、小国のカフェ「いちご一枝」よりお送りします。

北川が読んで感銘を受けた、保坂正康著「昭和の怪物 七つの謎」(講談社現代新書)での、胆力のある歴史上の人物たちの凛とした姿勢。
あらためて、日本人として、この時代に生まれた使命とは?経営を通してなすべきこととは?など、現代の経営者に向けてメッセージを送ります。

11月11日の中野での楽心会、11月15日~21日の陶器展のご案内をしています。特に17日の投げ銭ライブは必見です。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


小国・楽風シリーズ最終回です。

みなさんは朝日と夕日、どちらが好きですか?朝日が好きな人は働くのが好きな人が多いような気がします。現代人は、働くことを人生に持ち込み過ぎなのではないかと北川は指摘します。ハードワークをやめて、もっと一日の終わりに夕日の世界で安らぐことが必要なのではないでしょうか。

相手がひれ伏すような光(太陽)と相手に安らぎを与えるような光(夕日)の違いについてお話します。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


小国・楽風よりお届けしています。

今週は、北川が小国に来た30年近く前から親交のある方に、北川との出会いや出会った頃の印象などをお話しいただきます。縁もゆかりもない土地である小国にやってきた北川夫妻の印象はどのようなものだったのでしょうか?これまでの歩みや暮らしぶりが垣間見えるかもしれません。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


第93回「緑に挟まれる」

2018年10月16日 00:00

引き続き小国・楽風よりお届けします。

北川がぜひ早川に体験してほしかったという「緑に挟まれる感覚」。
人工物の一切ない草原だからこそ味わえる感覚です。私たちは、都会では時間に追われ、尽きることのない未来への不安に悩まされています。それでも使命を果たすために社会に戻っていかなければなりません。そのためにも、時には深い緑の中に入って力をもらうことが必要です。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


第92回「予祝について」

2018年10月 9日 00:00

小国・楽風にて、プチ公開収録会となりました。
予祝の話が好きでもっと聞きたい、なかなか実行に移せないがどうすればよいでしょうか?というご質問にお答えし、質疑応答形式で予祝について深くお話していきます。
予祝とは元々どん底を祝うという意味で使われ始めた古い言葉ですが、ポイントはどん底でお金がなくても「現金で」未来を祝うことです。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


第91回「小国・楽風より」

2018年10月 2日 00:00

遂に小国での収録が実現しました!初めて小国を訪れた早川と、小国の素晴らしい自然についてお話します。ここでしか体験できない贅沢な満月の日の楽しみ方も登場します。また、どこにいてもできる北川流秋の楽しみ方もご紹介します。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


断食をして気づくことについて、あらためてお話しします。
断食をすると、誰もが、月のリズム、大地のリズム、宇宙のリズムなどを感じ、神と繋がるような感覚を味わうといいます。そして、自分がエネルギーに満ちているときには気づかない、周りの自然の優しいエネルギーを感じ、自分の身は自分だけが作ったものではないと気づいて、感謝の気持ちが生まれます。ダイエットや健康など自分の利益のためではない断食のすすめです。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


北川が最近読んで感銘を受けた「最強マフィアの仕事術」(マイケル・フランゼーゼ)という本をご紹介します。元マフィアである著者が、実体験に基づいて書いているのですが、「結果が手段を正当化する」マキャベリズムで数々の成功を収めるマフィアも、行きつくところは「大いなる神の意志の下に、人の道を生きる」ソロモン主義だった、というところに北川の考えと通ずるものがあります。

番組の最後に、10月15日~17日の名古屋での断食会についてご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


「ねばならない」「べきである」にがんじがらめになっている30~40代。それに対し、社会の枠も突き抜けて、人生を楽しんでいる「天真爛漫」な生き方があります。それは、寅さんのように誰からも愛されてしまう生き方。そろそろそんな生き方を目指してみませんか?北川が続けている「投げ銭ライブ」についてもお話ししています。

番組の最後に、10月15日~17日の名古屋での断食会についてご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


第87回「旅の話」

2018年9月 4日 00:00

「旅」というテーマでフリートーク。
早川は近々アイスランドへ旅に出る予定なのですが、そんな早川に、北川から、旅によって得られるものや旅での出会いの話をします。
北川がこれから行ってみたい二つの旅についてもお話ししていますよ。

番組の最後に、9月15日~17日の福島での断食会についてご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。


第86回「香りについて」

2018年8月28日 00:00

北川の鎌倉オフィスにあったハッカ油の話から「香り」という話題に。。
香りは体験と深く結びついており、香りを嗅いだだけで瞬時にそのときの記憶をよみがえらせる力があります。そして、「満月の夜の香り」とは?リスナーの皆さんも香りで命を洗う体験をしてみませんか?

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


第85回「準備された世界」

2018年8月21日 00:00

北川の新著「準備された世界」をご紹介します。
共著者であり、著書内で対談をしているのは、書店「読書のすすめ」店長で、「本のソムリエ」と呼ばれる清水克衛さん。清水さんとの出会いや、本を出すことになった経緯、そして、二人に共通する思いなどなどをお話ししています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


「二人の子供が毎日長時間Youtubeやゲームをしており、完全にネット依存の状態です。さらに最近は二人とも学校を休みがちになり、本当に辛い毎日です。」とのご相談です。北川からのアドバイスは「1.自然の中に入ること、2.運動をさせること、3.食べ物を変えること」そして「30年後のことを考えて、夫婦で勇気をもって行動してほしい」ということです。最後に応援メッセージもありますよ。

また、8月19日に開催される東京楽心会についてもご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


「良いものを作っても売れないと意味がない」―北川の持論です。
日本人は良いものを作るのは上手いが、売るのが下手。それは江戸時代の武士の朱子学にルーツがあるようです。商売は卑しいものではありません。良いものを作るだけでなく、利用方法を伝えたり発信したりすることの大切さをお話しします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


今回は「ミリオネア・メンタリティ」についてお話します。北川の勉強会では度々出てきているこの言葉。言い換えると「豊かさ意識」とも言えますが、お金持ちの話ではありません。「この世は恵まれている、自分は良き人に囲まれている」と考えられる豊かな精神性を指します。その逆は、お金があっても不安だったり、いつも不運を嘆いて悲観する「貧者思想」ともいうべき考え方です。世の中の9割はこの「貧者思想」に陥っているといいますが、ミリオネア・メンタリティを身につければ次々に良き偶然に恵まれます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


人生の旅立ちの時、持っていけるものは何でしょうか?形あるもの、地位や名誉などは何一つ持っていけません。持っていけるのは、人に与えた喜び、悲しみ、そして、もう一つは??死や来世について考えることで、生きる意味について考えさせられます。

番組の最後に、8月19日に開催される東京楽心会についてご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


第80回 「MuchとMany」

2018年7月17日 00:00

世界の人口が増えているという話題から、MuchとManyという考え方についてお話します。Muchの世界は目に見えない善意や感動やエネルギーの世界、そこから数えられる個々の事象であるManyの世界が生まれています。Muchの世界に目を向けると全ての事象が理解できるといいますが...。

番組の最後に、福岡でのお話会についてもご案内しています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


「何かを始めること、続けること、やめること」について...「何かを始めるときは直感的に、小さなところから、やりたかったことを」「誘いにはなるべく応じる、そこにはメッセージがあるはずだから」「最初から平坦な道でなくても続けてみる」そして「人生に卒業はない、何事もやればやるほど奥深い」など北川の考えをお伝えします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


第78回「神のルールと罠」

2018年7月 3日 00:00

人間の作ったルールの裏側には神のルールがある...トラブルばかりなのは自然の調和・秩序を乱しているから、欲が過ぎるから。自分の都合だけに生きていこうとすると神に嫌われます。それは人間だけでなく動物でも同じです。人間の決めたルールや人間関係の苦悩の向こう側にある神のルールについてお話します。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


5月病や梅雨などでやる気が出ないことも多い時期ですね。そんなときに使える3つの方法をお伝えします。「鬱の気分を筋肉に食べさせる」とは?!すごく眠くなってしまう時の対策についてもお話ししています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


「結婚してもうすぐ丸7年、お互い再婚同士です...この7年の間に夫がキレて私に手を上げることが3,4回ありました...数日前にも殴られたり、けられたりしました...これも神が与えた試練なのでしょうか?」とのご相談に、「自分が相手の最も嫌うことをしているのではないか?夫が暴力をふるうことは相手に罪を作らせているとも言えるのではないか?と考えてみること。苦しみを与えられることは自分へのメッセージ、ちょっと気づくと運命が変わる。」とアドバイスします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


西アフリカベナンより「この国はとても貧しく、仕事も貯金もない人がほとんどですが、皆自分が大好きで、明るく幸せに暮らしています。」というお手紙をいただきました。豊かで仕事もお金もある日本で私たちは同じように幸せを感じているでしょうか?今の日本人が幸せを感じられなくなってしまった原因とその対策についてお話します。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


桜も人も他人がそれらから輝きを感じる時はどういう時か...。善きエネルギーをそこから受けている時。桜は開花させたとき「美しい」という形で表現されている。人も顔の表情が見えるテレパシーを送っている。だからいつも「にこやか」「穏やか」でいる方が善きエネルギーを発することが出来る。皆が「開ける人生へ向かうため」に北川からの熱いメッセージをお届けします。


ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


「例えば美しい新緑を撮る時は、その美しい新緑の向うにある樹の意識を写真に収めようとする...宇宙につながろうとする時に写真を撮っていた。形あるものの後ろにある目に見えないエネルギーや意識を感じるために、目に見える写真という方法を選んだ...」という北川流の写真の撮り方、撮る姿勢をお伝えしていきます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


「私は、これまで妻と子どもたちや両親、姉、友人知人を大切に思い、毎日彼らと自分たちの幸せを祈ってきました。しかし、最近は、本来は世の中のすべての方のために祈り、自分の生を世の中のために活かしていくべきと思っています。先生の祈りの言葉を引用させていだくと、「みんな、みんな幸あれ」と心に念ずるべきと。ただ、私は家族を心から愛しており、自分のことより何より幸せでいてもらいたいという気持ちがあるため、世界中の人々と、私の周りにいる大切な人たちを平等に並べて祈ることに、抵抗があります。愛する家族と世の中の人々を区別して、幸せを祈ってもよいのでしょうか」というご質問に、北川がわかりやすくお答えしていきます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


1981年航空機墜落事故で突然この世を去った向田邦子さん。テレビドラマ脚本家、小説家として「寺内貫太郎一家」「あ・うん」「父の詫び状」「隣りの女」など数々の名作を残し、今でも時代を超えて愛され続けています。そんな向田邦子さんに「日本人女性の良いところをいっぱい身に付けて育った人。尊敬しています」と伝えたいと北川からのメッセージ。妹の向田和子さんが描いた「向田邦子の青春~写真とエッセイで綴る姉の素顔~」を参考にお話ししています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


この世に貧乏神がいるのか?...北川の答えは「イエス」です。小さい嫌なことがやってくる時...自分自身の格好は「身綺麗か」「むさ苦しいか」どちらでしょう...。貧乏神が近ずいているかもしれません!! 北川の「髭は?」「もみあげは?」...運が落ちた時にしてしまうこと、運を上げるために出来ることを、今すぐ実行できるアクションで伝授していきます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


3月3日に行われた東京学士会館での公開収録。三回目にお届けするのは瞑想体験シリーズ第三弾目。ピンク色の瞑想(第26回放送)、脳を洗う瞑想(第36回放送)に引き続き、今回は「神につながる金色の瞑想」です。北川の導きに沿って16分の瞑想...繰り返し良い言葉のシャワーを浴びていただけたらと思います。


ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


3月3日に行われた東京学士会館での公開収録。二回目は東京からご参加のリスナーさんから「昨年から事業を開始して一緒にビジネスをやっているパートナーのことです。事業の方は比較的順調に進んでいますが、パートナーは急に気分の浮き沈みがあるんですが急にやる気が無くなってしまって家から動けない状態になってしまって、やむなく代表は自分が引き受けることになったのですが出来たら元気になってもらい、一緒にビジネスが出来なくなったとしても何か人生の目的を見つけてもらいたいと思っています。何かアドバイスをお願いします」という相談に...「経営を通してこの世の役に立つことを目指していこう...という勉強会参加するなど他利を具体的に見つけていく。動機の純粋性に基づいているとオーラが美しい」など...北川が日常からの視点を具体的に説いていきます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


3月3日に行われた東京学士会館での公開収録。その様子を三回に分けてお届けします。一回目はイギリスからご参加のリスナーさんから「イギリス人の旦那様に『なんでいつもせかせかしているし、いつも焦っているの?』と聞かれ、先生のように地に足の着いた優しい落ち着いた感じの性格になればいいな~と思うのですが、食生活もなるべく肉を食べなくて野菜中心に変えてきています。精神的には穏やかになっています。でもどうしても元々の性格でせっかちが多くなってしまうのです。どうしたら先生のようにいつも落ち着いて優しい語り口でいられるのでしょうか?」という質問に...「三つのことをしています」と70歳を超えた北川が感じることを具体的にお伝えしています。また、男性が苦手とする野菜中心の食事についてもお話ししています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


①リスナーKさんから「1年ほど車で追いかけ回すストーカーについて」のご相談に北川から...「メンタルより今は警察・護身術など実際的な対策」をアドバイスしています。②リスナー匿名希望さんから「就職して4年の子供のことです。起こる事象は全て必然、身の回りに起こる出来事は必要だから起こると言われていますね。私は人に感謝し前向きに真摯に生きてきました。子供も真面目で向上心があり人に迷惑を掛けたことは今までありません。ところがこの度子供が悪意ではなく人に怪我を負わせてしまいました。莫大な賠償金を払うことになります。今回発生した事象は本人も親も試練を与えられたということなのでしょうか。何かを学ぶために起こったことなのでしょうか」というご質問に北川が...「目の前に起きたことは必要なように自分が準備をしてしまったから起きるということ。良きことも悪しきことも三つの準備が出来たら誰にでも起きる」と今後に必要なメッセージをお届けしています。 ③リスナーのエミさんから「ご主人が暴れてしまう」という悩みに北川が...「一つ、食事を変える。二つ、睡眠。三つ、禅とか学習を取り入れる」などの具体的なアドバイスをお伝えしています。  

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


2018年1月11日に発売された新刊「奇跡を呼び込んだ断食」の中に出てくる修行僧。北川の「修行後の人間のご褒美は、土貧乏と偏見と差別だった。でも神からのご褒美は光のパイプに気付き、入ったこと。そこで安らぎと自分の才能を見つけることができた」という言葉から、そもそも修行とは何か...紐解いていきます。また、5月15日(火)に開催の満月の夜の勉強会についてもお知らせします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


転生という仕組みを取り入れると...人生はどうなるのか。「20代は全く自分の快楽のみ。30代である導きをもたらす存在に気付き人生観が変わった」と、北川自身の体験をもとに苦境が希望へ変わる捉え方をお話しします。また、4月22日(日)中野サンプラザで行われる東京楽心会のイベント。詳細は北川八郎公式HPをご参照ください。http://manganjigama.jp/BE03.html

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


「人生は生易しいものではない」「人生は苦である」...と日本人にすりこまれてきた人生観。この警戒的な生き方、仏教的な時代から「人生は楽しいのだ!」という前向きなキリスト教的時代へ今は流れ始めている。一つの出来事と同じように、人生を苦にフォーカスするのか楽しいことにフォーカスするのか...北川が分かりやすくお話しします。また、4月12日(木)から18日(水)まで開催される陶芸展、ユニークなイベント開催についても北川自身からお知らせします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp



「自分が幼少の頃から思い悩み、未だに分からないことなのですが、北川先生は「この宇宙は超善意に満ちている...」といったお話しをされていました。ではこの宇宙に悪意はないのか?と考えたら、この宇宙で人間だけが悪意というものを持つ唯一の存在だと思いました。この地球上で人間は、その気になれば地球そのものを破壊する能力のあるただ一つの存在だと思っています。この超善意の宇宙の中にある地球で悪意を持つことのある人間という存在が、地球上にいることを何故に宇宙は許しているのでしょうか?そうは言っても、人間は実際に宇宙の地球上に存在している訳です。ではこの超善意の宇宙は何のために人間という存在を創造したのでしょうか?」というリスナーからの質問に北川がお答えしていきます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


「私は現在4歳の子どもをもつ専業主婦です。先日姉の主人が不運な亡くなり方をしました。その際にその子ども達が『お父さんの字画が本当に悪かった』などと、話していたそうです。それが気になり私と息子の字画をネットの姓名判断で調べると、凶が多く、全く良くありませんでした。改名まではする必要はないと思いますが、画数の良い漢字にして通称を使ったほうがいいのかなどと考えてしまいます。北川先生は姓名判断をどう思いますか」というリスナーからの相談に北川がお答えしていきます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


「以前先生が『脳は嘘をつく』の中で、腰痛も同じで筋肉は傷んでないのに脳の記憶で痛みを感じ、更に腰痛を治す方法があると話していましたが、具体的な方法には触れていませんでした。今まさに私が腰痛でなかなか治らない状態です。寝ていてバックナンバーを聞いている時、この話を知り、地獄で仏の思いでメールをしました。腰痛を治す方法を教えてください」というリスナーからのお悩みに北川が具体的な方法も加えてお答えします。第28回から3回シリーズでお伝えした「脳は嘘をつく」もぜひお聞きください。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


「根本的なところが北川先生にとても近い価値観を提唱している方を支援しているのですが、この方が、この価値観をもって『どういう世界を作りたいのか』という視点ではなく、現代社会への批判を基に この考え方を広めているような感じがして...とても残念に感じています。とかく経営者というのは押しなべて搾取する人種だと思っているようで、従業員は皆、虐げられている労働者のような言い方で批判されます。私は、経営者は経営者なりにリスクを取り、従業員には計り知れないプレッシャーを抱えて肚をくくって生きている方が少なくないのではと思い、
同意しかねて、つい反論してしまいます。現代社会は確かに行き過ぎだけれど、紐解けばすべて愛に繋がる。
人の役に立ちたいとか傍を楽にしてあげたいとかから始まったはず。今ある現状を否定するのではなく、感謝して受け取り、行き過ぎたところを戻して、バランスを取って発展するのが私たち人間の進化の道なのではないだろうか? 私も 批判を卒業して、人間的成長をするにはどのような心持・考え方をすればよいのか。お話しを聞かせていただければ幸いです」というリスナーからの質問に、北川がお答えしていきます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


1月11日に発売された新刊「奇跡を呼び込んだ断食・明るい未来が自然と開けていく不思議」に付いているピンク色の帯。そこに書かれている「音楽も色彩も香りもすべて一(イチ)であった...」、この言葉の意味とは。そしてこの本の主旨について北川が熱く語りかけます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


北川の私生活は楽(らく)より楽しいに感覚を持っていくこと。脳はすぐ飽きてしまうサボりなので同じ時間を過ごすなら楽(らく)をしたいと思ってしまう。脳の作業は人の心を打たないことが多いけれど、脳と心と人間性が結びついた時、感動を呼び込む。真っ直ぐ進めば楽で早い...。でもキレイな景色が見れたり経験が増える「寄り道」も北川はオススメしています。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


北川がお伝えしている「ドンベの理論」の「ドンベ」とは...「ビリ」など最下位のこと。「人間がやり抜くこと」への宇宙からのメッセージ。運動会のある場面を例えに解説します。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


パワーは人を支配する、エネルギーは人を育てる...太陽のエネルギーはいつも東から昇ってくる。東を意識する理由とは、太陽の善意を受けられるから。北川の日常における脳の使い方をリアルにわかりやすくお伝えします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


本来の人生の使命に行きつくまでは一つ一つ登っていく、そこで初めて突き抜けられる...前回に引き続き最新刊「奇跡を呼び込んだ断食・明るい未来が自然と開けていく不思議」について、北川の体験談とポッドキャストならではの裏話をお届けします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


11日の発売を前に北川八郎最新著書「奇跡を呼び込んだ断食・明るい未来が自然と開けていく不思議」について、北川からの想いとポッドキャストならではの裏話をお届けします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp



2017年11月21日から連続でお伝えした「第3期の意識のルネッサンス」。ITと同時に入った重要な時期ということで再度、男女の意識の変容などリアルに分かりやすく紐解いていきます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp



2018年1月11日に発売される、北川が断食することによって得られるものや今に至る軌跡を書いた新刊のお知らせと、起業後の現実的な収入について悩むリスナーからの質問に北川がお答えします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


第50回 「本当の悟りとは?」

2017年12月19日 00:00

中国の禅僧によって作られた「十牛図」。そこから本当の悟りについてお話しします。北川の新居鎌倉ならではの自然の生活音、空気感もお楽しみください。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp



北川が導きを受けた鎌倉の新居で初収録です。宇宙の善意を感じ受け取る...これを日常のエネルギーにすると、どんなことになるのか。能力のある過去の創業者は、このことを知っていたのでは? そして、待ちに待った来年の公開収録についてお知らせします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


北川に起きた引っ越しという宇宙の采配。導きの力とつながるとメッセージがやってきます。「第3期の意識のルネッサンス」について3回目はメッセージの紐解き方を、新しい心の力に気が付いて欲しいという想いを込めて北川自身の経験談でわかりやすくお話しします。


ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp

「第3期の意識のルネッサンス」についての2回目。人生の導きの光と出会うようになるために、まず出来ることは何でしょう。具体的な例をもって北川がお伝えします。


ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp

今回は「第3期の意識のルネッサンス」について1回目をお届けします。第1期、第2期と過ぎ今は人生の導きの光と出会える時期へ。3回にわけてお伝えします。


ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp

苦悩シリーズは最後に超善意シリーズと改名に。仕事も人間関係もうまくいくようになる極意が詰まった北川の宇宙語。「宇宙意識の本来のものに触れるとこの世を楽しく生きていける言葉が出てくる」溢れるパワーをお楽しみください。これまで読んでいただいた北川の著書を再読するとさらに心に刺さることでしょう。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp



苦悩シリーズ第二回目。前回の宇宙の秩序の続きからです。ヒマワリはヒマワリとして、柿は柿として宇宙からもらった思念を素直に受けて成長している。でも私達人間は「なぜ爽やかな人と苦悩の人とわかれてしまうのか」。その答えがわかります。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


苦悩シリーズ、「なぜ人間だけが苦悩するのか」を、3回にわけてお伝えします。その第一回目。何が苦悩の元なのか...それは言葉。そして宇宙には調和と秩序が隅々にまで行き渡っている...。聖書の言葉、日常の行為などわかりやすい例え話で解説します。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


なぜ関係が近すぎると仲が悪くなるのか。いただいた質問のキーワード「北朝鮮」。大きな課題のようで実は自分達に近い問題との共通点があります。「平和に毎日を過ごすためにわたしたちが出来ること」を北川がわかりやすくお伝えします。11月16(木)から22日(水)まで行われる北川親子イベントの紹介も必聴です。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


人生や未来に不安を持つ人に、70歳になった北川から贈るアドバイス。
いつもお話ししていることですが、願いは叶う、心には力がある、心に思うことは形を成す、このことをもう一度お伝えしたい。
聖書にある言葉「何を願おうとも、受けたりと知れば、それを得ん」も未来の先取りを言い換えたものです。どんな時でも希望はあると信じ、良き未来を心に描きましょう。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


第40回 時の流れは変化する

2017年10月10日 00:00

子供の頃と大人になってからの時間は同じではありません。小学生の頃、あれほど長いと思った時間が、20代、30代、40代と歳をとるにつれ、あっという間に過ぎ去っていきます。どうして同じ時間を長いと感じたり、短いと感じたりするのか?今回は時間について考えます。10年前に北川が書いたエッセイもご紹介します!

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


第39回 激怒より薫陶を

2017年10月 3日 00:00

会社経営者の方から「基本的に怒らないタイプなのですが、家族のように思っている社員に対し、嘘をついたり、約束を破ったりした時には激怒してしまいます」とのご相談を頂戴しました。
北川からのアドバイスは、なぜ嘘をつくのか、なぜ約束を破るのか、まずはじっくりと聞いてあげること。激怒しても人は言うことを聞きません。アイスクリームの天ぷらを例にお話しします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


第38回 歩み寄る

2017年9月26日 00:00

「夫からの愛情が感じられません。結婚して子供が生まれて、それをますます強く感じるようになりました・・・」というご相談を頂戴しました。多くの方が抱えているお悩みかも知れません。
ご主人に足りない部分があることは認めつつも、ご主人の態度の裏にあるものを理解してあげること、これからもずっと一緒に生きたいなら、自分から相手の求めるものを与えることをアドバイスします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


4回に渡ってお届けした「脳」のお話について、「『デザインで受け取る』ということについてもう少し詳しく知りたい」とのお声を頂戴しました。
望んでいる良き未来をいつもイメージすることは大切ですが、「ゴールを決めて、そこから逆算して進んでいく」というのとは違います。決め過ぎて、計算するのは自分の「欲」です。欲で成したことはトラブルを招きますが、たくさんの人にとって利益ある良き未来を望めば協力者が現れ、自然と事を成すことができます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


Podcastで瞑想体験の第2回目。今回は、脳の中にあるマイナスの記憶を消す瞑想をお送りします。繰り返しお聴きいただき、瞑想の世界をお楽しみください!

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


世の中には、ケチで、いつも嘆き・不満・愚痴ばかりの人(ネガティブな人)と、いつも明るく気前のいい人(ポジティブな人)がいます。両者の差は、人生の後半で大きく開いていきます。ネガティブな人に今教えてあげたいことをお話しします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


ある営業マンのお話。ノルマや数字に追われ、疲弊する毎日。このままでいいのだろうかと悩みながら働く日々。こんな人、多いのではないでしょうか?

考え方を変えるだけで、安らかな気持ちのままで、結果を出すことができます。目に見えないものに目を向ける、とは?

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


第33回 「徳」とは

2017年8月22日 00:00

「徳のある人」「徳を積む」などという表現がありますが、「徳」とは一体何なのでしょうか?

「徳」とは、損得を捨てて、相手に与えること。与えるものはお金ではなく、「時間」や「思いやり」です。「裏切らないこと」「奪わないこと」「もらった以上のものを返すこと」徳のある人になるために、日々できることを考えます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


今回は「普段はにこやかな主人が時折激しく怒り、冷静に「怒り」と「言い訳」のない話し合いをしたいがなかなかできない」というリスナーからのお悩みにお答えします。

キレやすいお子さんにも応用できる3つの方法をご紹介します。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。
kitagawa@kiqtas.jp


第31回 未来の先取り

2017年8月 8日 00:00

これまで3回にわたって、脳は嘘をつくという話をしてきましたが、最後に脳の良い働き、脳の与えてくれる救いについてお話しします。

言葉で考えることが人生を難しくします。宇宙は人にも花にも同じ救い、良き未来を与えてくれています。花たちと同じように、それをそのまま受け取ること、すなわち良き未来を脳にそのままイメージすることで、良き未来を受け取ることができるのです。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。 kitagawa@kiqtas.jp


第30回 脳は嘘をつく(3)

2017年8月 1日 00:00

人間の脳は怠け者で、言葉や知識を好みます。脳に騙されていると、頭だけで考え、話を聞いただけで分かったつもりになり、行動、体験から遠ざかります。
これに対し、植物は宇宙から受け取ったエネルギーを、言葉に変換することなく、直接素直に表現しています。そこに悩みや苦悩はありません。
人間も、断食・瞑想で脳の働きを止めることで、心を働かせることができます。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。 kitagawa@kiqtas.jp


第29回 脳は嘘をつく(2)

2017年7月25日 00:00

「共存共栄」から「共存共楽」の社会へ。
脳、特に左脳を働かせることを良しとし、頭で考えろ、社会性を身につけろ、勉強しろと言われて育ち、それができた人が認められる現代社会。これに対し、北川が提案し続けているのは、心の純粋性を大切にし、共に楽しむ社会です。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。 kitagawa@kiqtas.jp


第28回 脳は嘘をつく(1)

2017年7月18日 00:00

脳は利益に弱く、計算高く、そして、快楽に弱い。心や体とは関係なく、脳はその刻み込まれたマイナスの記憶に従って、損をしないよう、傷つかないようにあなたを騙します。それを乗り越え、脳の誘惑に勝った人が「徳の人」になれるのです。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。 kitagawa@kiqtas.jp


第27回 水に流す

2017年7月11日 00:00

様々な国や宗教に「許す」という考え方がありますが、日本にはそれ以上に素晴らしい「水に流す」という文化があります。「水に流す」とはどういうことか、その方法はどんなものなのか、お話しします。

ご感想、ご質問はこちらまでお寄せください。 kitagawa@kiqtas.jp