116.消極的な部下には インセンティブを与える?コミュニケーションを増やす?

2019年6月15日 07:00

チームに積極的にコミットしない人、自主的に動かない人がいると、チームの生産性が落ちたり、頑張っている人との軋轢を生んだり、様々な弊害が生まれますよね。

可もなく不可もなくを目指す、消極的メンバーにはどのような対応をしたら良いでしょうか。

どうしたら、彼に仕事にもっと積極的になってもらえるか?

と考えても、良策は生まれません。

そのような時に、良策を生むためにリーダーは自分自身に、どんな質問をしたら良いでしょうか?

メンバーが消極的になってしまう理由の一つに、『心理的な安全面』が確保されていないということが上げられます。

メンバーの個人の問題だと思っていたものが、実は、消極的にさせてしまう場をリーダーの自分が作ってしまっていたからだったということも、往々にしてあります。

であれば、心理的に安全だとメンバー全員が思える場を作ることができれば、全員が嬉々として積極的にコミットメントするチームが作れそうです。

では、具体的に、リーダーとして、どのような空間・場を作れば、チームメンバーのより積極的なコミットメントを引き出せるのでしょうか。

第116回は、高衣の前職時代の『皆がついていきたいと思える仕事ができる上司』が、どのような場を作っていたか、そのために、どのようなコミュニケーションを取っていたか、などもご紹介しつつ、

前回に引き続き、第3章「Communication(意思疎通)の法則〜最高の空間をつくれ〜」を取り上げ、消極的なメンバーへの対応を考えていきます。

*無料コーチングメールのメールアドレスご登録のURLはこちら♩
 https://bit.ly/2wUpEQd

*FBグループ『人生戦略会議』ご参加はこちら♩
 https://www.facebook.com/groups/334070717003492/

*(株)ミッション・ミッケ人生デザイン研究所HP
 http://missionmikke.com

*30日間無料オンラインセミナー:
 「才能を輝かせて幸せに収入と資産を増やす技術」
 http://bit.ly/1vpbIYd