105.困っている人を助ける時、自分の力で助ける?専門家を紹介する?

2019年3月30日 07:00

困っている人が身近にいたら、
私たちは、なんとか助けてあげようと
親身になってその人のことを考え、
自分にできることをしてあげようとします。

誰しも、相手に良かれと思って
手を差し伸べるかと思いますが、
相手のために助けたつもりが、
相手のためになっていないという結果になることがあります。

そんな結果になったとしても、助けてもらった人は、
助けてくれようとした気持ちがわかっているので、
敢えて口にしません。

すると、私たちは、永遠に、
困っている〇〇さんを助けた、という
事実と異なる認識を持ち続けることになります。

このようなことを避けるために、
ある視点が役に立ちます。

その視点を持つと、
どの方法で助けるのが良いのかについても自然と見えてきます。

前回の「良いアドバイスはどっち?」をさらに掘り下げ、
相手のためを想うということの本質を、さらに深く考えてみたいと思います。

番組の最後に、人生戦略会議の中でも繰り返しご紹介している
「あなたの本当の最高の価値観」を詳しく知っていただくための、
お得な機会のご案内を差し上げていますので、ぜひ確認してくださいね^^

*無料コーチングメールのメールアドレスご登録のURLはこちら♩
 https://bit.ly/2wUpEQd

*FBグループ『人生戦略会議』ご参加はこちら♩
 https://www.facebook.com/groups/334070717003492/

*(株)ミッション・ミッケ人生デザイン研究所HP
 http://missionmikke.com

*30日間無料オンラインセミナー:
 「才能を輝かせて幸せに収入と資産を増やす技術」
 http://bit.ly/1vpbIYd