Loading...

2019年7月のエピソード

こんにちは未来 〜テックはいいから

NY在住のジャーナリスト 佐久間裕美子(ゆみちゃん)と『WIRED』日本版の前編集長でコンテンツ・メーカー「黒鳥社」の若林恵(わかさん)の盟友2人が、音楽、アート、政治、ビジネス、ライフスタイル、メディアまでカテゴリーにとらわれず縦横無尽に語りつくすトークセッション。月2回配信予定(毎月二週目と四週目の水曜日を予定)。 Jingle by tofubeats

第20回 メディアの中立性について

女性誌『ViVi』が自民党のタイアップ広告を掲載した件は
何が問題だったのか。
「メディアは中立的な立場であるべき」という意見もあったが、
そもそも客観性の高い報道はありえるけども、
思想的に中立な立場での報道はありえないのではないか。
メディアの中立性はあるのか、
そして企業はビジネスシーンにおいて、ニュートラルな立場でいられるのか。
日本やアメリカで起こっている事象を中心に議論します。




第19回 インターセクショナリティは大切なのか?

東京の老舗レズビアンクラブでトランスジェンダーの人が入場を断られた。
誰を入れるか入れないかは運営側の自由だろういうコメントも多かったが、
主催者側がトランスジェンダーも入場可能というメッセージを発信し事態は収束した。
マイノリティの人たちは交差しなければいけないのか。
インターセクショナリティについて考える。